NFT
METAVERSE
OTHER

FAQ

NFT




NiLLANDが展開するNFTについての詳細は下記PDF参照

PDFデータ
※2022.07更新

Q.NiLLANDのNFTについて


A.現在NiLLANDでは3種類のNFTコレクションが存在しています。
それぞれ独立したコレクションですが、全てアバターコレクション「NiLFRIENDS」を所有することができます。

1.NiLDEX
【アーティストコラボのプレミアムコレクション】
イベントやコラボなどの特別なタイミングのみ、オークション形式で販売するコレクションです。

OpenSea

2.NiLLIFE
【アーティストコラボのPFPコレクション】
OZnilなどのアーティストに由来しているPFPは、このコレクションでのみ購入することができます。
(販売方法や時期は不定期)

OpenSea

3.NiLFRIENDS
【アバターコレクション】
※2022年8月〜9月頃発売予定
NiLLANDが展開するメタバース「NiLVERSE」に入国するためのパスポートであり、その空間でのアバターです。
    





Q.NFTの価格について


A.それぞれのコレクションで異なります。
1.NiLDEX : 0.369ETH〜(オークション形式)
2.NiLIFE : 未定:現在検討中
3.NiFRIENDS : 0.1369ETH(1st Limited 108体限定)
※2nd以降未定





Q.アバターは他のメタバースでも使用できますか?


A.現在、検討中です。
他プロジェクトでは、それぞれのメタバースに対応したアバターをエアドロなどで送付する方法が一般的ですが、この方法をNiLLANDでも採用するかは検討段階です。





Q.資金調達した後のビジョンについて


A.多くのプロジェクトが、プロジェクト成功後のビジョンを語ることで資金を集めますが、NiLLANDのNFTプロジェクトは資金調達が目的ではありません。
NFT所有者のみが体験することが出来る特別な仕組み(体験)を提供することを第一に考えています。





Q.具体的な体験とは何ですか?


A.NiL化したアーティストの音楽ライブに限らず、限定的な空間を生かしたイベントを検討中です。





Q.ステーキングについて


A.NiLLANDのNFTは、金銭的な報酬を得ることができる設計にはしていません。
NiLANDが提供していきたいのは、ワクワクするような体験です。
発行枚数を調整することにより、限られた所有者のみが体験できる仕組みを優先して考えています。

また、金銭的なリターンを目的としたNFTは、その時々の価値に一喜一憂することになり、ホルダーを疲弊させる原因の一つと考えます。 もちろんNFTはトークンですので、その側面も重要な要素の一つですが、NiLLANDのNFTは、ステーキングなどの設計は考えていません。

流通量をごく少数でコントロールすることで、結果的に価値が上がるNFTになることを第一に考えています。





METAVERSE



Q.メタバースの実現性について


A.「Zoa.space」や「XR Studio」などメタバースの開発実績が多いSuishow株式会社とパートナーシップを締結しています。
Suishow株式会社





Q.メタバースで実現したいことについて


A.NiLLANDは、アーティストとファンの新しい交流方法(遊び方)を模索しているプロジェクトです。
NiL化したアーティストによるイベント開催は最も実現したいことの一つですが、メタバースでの新しい可能性について幅広く検討していきたいと考えています。





Q.なぜメタバースなのですか?


A.ワクワクするからです。
NiLLANDが提供していきたいのは、ワクワクするような体験です。

また、リアルな世界を十分満足している方にメタバースの可能性を押し付けるつもりはありません。
リアルな世界は本当に美しく、大変魅力的な世界です。
しかし、様々な身体的 / 精神的な理由で、このリアルな世界を十分満足して体験できない人々も数多く存在しています。
NiLLANDは誰もが障害なくワクワクできる空間を作りたいと考えています。





Q.他のメタバースとの違い


A.メタバースと完全にリンクしているNFTプロジェクトは、現時点でごく少数と言えます。(2022年7月現在)
多くのプロジェクトが、エアドロなどにより別途アバターデータを送付する方法が一般的ですが、NiLLANDが開発中のメタバースはNFT所有者が自動的にオリジナルアバターと連動します。

また、アーティスト発信のプロジェクト(メタバース)であることも差別化できるポイントの一つです。
多くのメタバースは、その空間で「何をするか?」というコンテンツが不明瞭な場合が多いですが、NiLLANDのメタバースはアーティストのイベントが約束された空間です。





Q.メタバースの入場方法


A.NiLLANDのNFT所有者と、一部エリアを対象に日本円でのチケット入場も検討しています。

・NFT所有者
全てのエリアにアクセス可能
NFTと連動したオリジナルアバターで入場可能

・日本円チケット入場者
一部エリアのみアクセス可能
ブランク状態(オリジナル性のない)アバターで入場可能





OTHER



Q.NFTの購入の前に(初心者向け)


NFTを購入・保管・使用するには「MetaMask」のようなウォレットが必要です。
ウォレットは、「仮想通貨(暗号資産)専用の財布」です。
NFTを購入する通貨としてイーサリアム(Ethereum)を利用しているため、ウォレットが必要となります。

MetaMaskは、Google Choromeのブラウザ拡張機能として提供されているため、 この拡張機能を追加して利用することができるようになります。





Q.メタマスクの導入方法(初心者向け)


MetaMaskの導入にはChromeブラウザを利用する方法が最も簡単です。
Chromeブラウザを開いて自分のアカウントでログインし「Googleウェブストア」からメタマスクの拡張機能を追加します。
画面右上に「Chromeに追加」のボタンが表示されているため、このボタンをクリックして、次に表示される「拡張機能を追加」のボタンをクリックします。

「拡張機能を追加」をクリックすると『MetaMaskにようこそ』の画面が表示されます。
「開始」をクリックすると「ウォレットのインポート」や「ウォレットの作成」を行うことができるページが表示されます。
「ウォレットを作成」をクリックすると、ウォレットへのログインなどで使用する「パスワード」の作成画面に移動します。
「作成」をクリックしたら、ウォレットの管理・復元で非常に重要となる「リカバリーフレーズ」についての説明動画が表示されます。

リカバリーフレーズとは「復元フレーズ・バックアップフレーズ」などとも呼ばれる 『ウォレットを復元するための複数の英単語』のことです。
このリカバリーフレーズを使用することによって別の端末などで 自分のウォレットを復元することができるようになっています。

しかし、このリカバリーフレーズを他人に知られてしまうと、 他人が自分のウォレットを復元できるようになってしまうため 「仮想通貨盗難」などの問題に発展してしまう可能性があります。
リカバリーフレーズは自分のウォレットを保護するための重要なものであり、 このフレーズを知っているのは"自分だけ"となるため、 紙などにしっかりと記録して、誰にも見られないよう大切に保管します。

「次へ」をクリックすると、自分のリカバリーフレーズを記録するための画面が表示されるため、画面中央の「鍵マーク」をクリックして、表示された合計12個の英単語を順番通りに正しく紙などに書き写します。
「次へ」をクリックするとバックアップフレーズ(リカバリーフレーズ)の確認画面が表示されるため、先ほど紙に記載した12個の英単語を順番通りに入力していきます。
なお、画面下部には英単語が表示されているため、この単語を順番にクリックしていけば入力が完了します。

「確認」をクリックして以下の画面が表示されれば、初期設定・ウォレットの作成は完了となります。